• パーソナルカラー診断・骨格診断~もっと自分が好きになる

HSP

はじめに
Highly Sensitive Person。日本語では、敏感すぎる人、高い感受性を持つ人、繊細すぎる人などと訳される気質の概念です。
あくまでも気質。病気ではありませんので、治療の必要はありません。
1996年、アメリカの精神分析医エレイン・N・アーロン博士によって提唱されたまだ新しい気質の概念で、人口の15~20%の割合で存在すると言われています。(人間だけではなく、動物、昆虫などにも存在していて、生物が存在し続けるために必要な気質だと考えられています)
・受け取った情報を深く処理する
・過剰に周囲の刺激(五感・六感・痛み・イメージ・感情・雰囲気など)を受けやすい
・感情の反応が強く、特に共感力が高い
・刺激や変化を察知できる
上記の特徴が必ずあると言われています。

アーロン博士のHP(日本語版)

 

具体的にHSPとはどういう気質なのか。

HSPセルフチェックの項目や、HSP関連の本、などを参考にHSPに多くみられる具体的な特徴をまとめました。
育った環境の違いなどで下記の特徴の出方には個人差があります。

・忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋など1人きりになれる空間にひきこもりたくなる
・動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
・仕事などで競争させられたり、観察されていると緊張して、いつもの実力を発揮できなくなる
・子供の頃、親や教師に「敏感だ」「内気だ」「大人しい」などと言われていた
・カフェインに弱い
・びっくりしやすい
・痛みに弱い
・いくつかの作業を同時に(平行して)行うのが苦手
・空腹が苦手(集中力がなくなる、体調が悪くなる、不機嫌になるなど)
・環境の変化に弱い
・刺激に弱い(音・光・においなど)
・周囲を観察して、相手の求めていること、自分の取るべき行動がわかる
・ドラマや映画などの、暴力的なシーン、いじめのシーンなどが苦手
・感動しやすい
・大人数が苦手
・真面目
・自己否定が強い

 

下記は、お茶会などで話が出て、共通している方が多かったことです。

・季節の変わり目に体調を崩しやすい
・頭痛持ち
・胃腸が弱い
・メールやラインの返事が苦手
・相手の気持ちや場の空気を読み過ぎて言いたいことが言えない
・寝つきが悪い
・転職経験が何度かある
・圧力系の人の標的になりやすい

 こういった自分の気質に生きづらさを感じることも度々ありますが、

・感動しやすい
・他人を思いやることが出来る
・感覚が鋭い
・物事の本質を見抜くことが出来る

ということでもあります。